[ カテゴリー » 神官ブログ ]

古町神明宮・愛宕神社でのご祈祷

古町神明宮・愛宕神社では、ご神前にておひとりおひとりのお願い事に合わせて、祝詞を奏上し、お祈りいたします。

家内安全、交通安全、商売繁盛、病気平癒、良縁祈願、厄除祈願、合格祈願 安産祈願、初宮詣、七五三、など。

またその際にお祓いをして清めたご神札やお守、ご神饌等をお授けいたします。

当神社では、上古町商店街の人気店「古町糀製造所」の糀あめをご撤饌としています。

シャレをきかせて、神社エール(ジンジャ―味)と書いてあります(笑)

可笑しいし、とってもおいしいです♪※ご祈祷は神主がしっかりとおこなっております!

kouji

kouji2

— posted by blog at 12:36 pm  

明和義人コミック

愛宕神社の境内にある口之神社には、新潟の歴史で活躍した明和義人を祀っております。

明和義人コミックはこの誇らしい歴史をわかりやすく学べます!感動の内容です。

komikkku

◎こちらでご紹介の授与品は、兼務社の古町神明宮の授与所にて頒布しております。

◎遠方の方へは授与品の郵送も承っております。ご連絡ください。

・・・*・・・・・・・・・*・・・

古町愛宕神社

新潟市中央区古町通2番町495番地

025-224-3640

・・・*・・・・・・・・・*・・・

— posted by blog at 12:54 pm  

授与所のご案内。

こんにちわ。新潟も春になり、桜もそろそろ満開ですね:)

愛宕神社のお札やお守などは、兼務社の神明宮にて授与しております。

そして、数に限りはありますが、現在授与所にて椿の種キーホールダ-を無料で頒布しております。

氏子さんが作ってくださった、手作りのものです。社務所内にも飾らせていただいてます;v)

ぜひ、ご参拝ください。

NONALNUM-aW1hZ2UoMik-E

NONALNUM-aW1hZ2UoMSk-E

NONALNUM-aW1hZ2UoMyk-E

・・・*・・・・・・・・・*・・・・・

古町愛宕神社

新潟市中央区古町通2番町495番地025-224-3640

・・・・・・・・*・・・・・・・・・*

— posted by blog at 01:49 pm  

古町神明宮でのイベントのご案内。

4月28日(火)の19:00から兼務社の古町神明宮にて日本人の心をテーマにしたお話会が開催されます!

以下、案内文です:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆかし日本のこころ~お話会と直会。共に学び共にいただく~

ゆかし(=懐かしい、心惹かれる)日本のこころを加藤昌樹さんより、お話いただきます♩

直会(なおらい)では、お話を聞き学んだあと、みんなで感想などを分かち合いながら、お弁当をいただきます。

場所は、神社の拝殿となります。

貴重な学びと交流の空間となりますように。

今、ひとりひとりが日本人として、個々としての自信を思いだし、これからの未来を多種多様な命たちとともに、生きてゆけますように。

◎お話の内容◎

・311震災時の海外の反応から日本人の特性を読み解く。

・日本人が大切にしていた12の教え

・受け継ぐべき日本の意志とは

・日本語(音霊)から発達した日本人の能力

・日常に生きる日本の躾(しつけ)

などなど盛りだくさんです!

◎直会(なおらい)について◎

お話のあと、お弁当とお茶などをご用意いたします。みんなでいただきましょう。

たのしい交流となれば幸いです♩

開催日:平成27年4月28日(火)19:00~21:30

講 師:加藤 昌樹 氏

場 所:古町神明宮 拝殿(新潟市中央区古町通1番町500番地)

参加費:3000円 ※玄米おむすびのお弁当付き!

定 員:20名

駐車場:参道、境内に10台まで停めていただけます。当日ご案内いたします。お乗り合わせて起こしいただくか、近隣の有料駐車場をご利用ください。

◎お申込み:メールにてご連絡ください。artwork_forearth(アットマーク)yahoo.co.jpまで。

— posted by blog at 10:49 am  

境内社 口之神社

口之神社では、明和5年(1768)新潟町でおこった「明和の騒動」の首謀者である

義人 涌井藤四郎・岩船屋佐次兵衛らをお祀りしています。

涌井藤四郎・岩船屋佐次兵衛等は極刑になりましたが、1000人近くの町民を扇動して

長岡藩から二ヶ月弱もの市民自治を勝ち取ったとして、その後長い間、

密かに町民たちの間で讃えられ、語り継がれてきました。

明治時代に入り、この明和の義人の御霊を鎮めるために、同じ義人である千葉の木内惣五郎の御分霊をお迎えしたのが口之神社の起源です。

このような由来から、弱き人の声を聞き、正義を守り、正義を貫く人々の守護する「争い事を治める神様」「家庭円満の神様」、

法曹界からは「司法試験合格の神様」「勝訴のご祈願をするお宮様」、選挙の際は「当選祈願のお宮様」として崇められ、また花柳界の信仰も厚い神様です。


— posted by blog at 11:38 am  

prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30